ニート大学 幸福研究学部.com

ケーティーの崖っぷち生存記録

職歴なしで借金を抱える男のサバイバル生活

パチンコが必ず負ける(勝てる)理由をシンプルに説明する

f:id:makeguminokibou:20170121192706j:plain

 私の両親はパチンカスでした。

その影響もあって幼稚園のころからパチンコ屋に出入りしていた私は、16歳になってパチンコを始めました。

それからかなりの時間を高校、大学時代にパチンコ屋で過ごしました。

また、一時期店員として働いていたこともあります。

 

そんな境遇のおかげ?で人よりも多少パチンコに詳しくなりました。

世の中ではパチンコのことをよく分かっていない人がいるので今日は軽く説明していきます。

 

 

パチンコはギャンブルではない

パチンコというと典型的なギャンブルだと考える人が多いと思いますが、パチンコは厳密に言えばギャンブルではありません。

ギャンブルというのは競馬や宝くじのように、プレイヤーの技術的介入要素が一切ないものを指します。この2つはどこで誰がやろうとも常に期待値は一定であり、有利不利は発生しません。

 

一方パチンコは誰がどの台を打つかによって期待値に大きな差が生じます。

台の回転率、玉の節約、玉の増やし方など介入要素が複数あります。

そのため、全く同じ当たり方をしても打つ台と打つ人が変われば一日で数万円も収支が変わってしまうことがあります。

 

これはもう運任せのギャンブルとは言えません。

パチンコはプレイヤーのやり方次第で勝つことも負けることもできる遊戯なのです。

 

なぜ勝てないか

パチンコが普通は勝てないのは誰でも知っていることだと思います。

では何故勝てないのでしょうか。

 

店が出ないように操作しているから? いいえ、ちがいます

 

よく巷ではお店が装置を使って出玉率をコントロールしているように言われますが、そんなことする必要すらないのです。

 

勝てない答えは単純

 

不利な勝負をしているからです。

 

当たり前過ぎることですが、これを理解していない人が結構います。

 

パチンコは大当たり確率の300分の1など、基本的に分母が大きい世界です。

なので、分かりやすくするためにくじ引きで例えて説明します。

 

以下のようなルールのくじ引きがあったとします。

 

・2枚あるくじのうち1枚が当たり。

・当たりを引いたら400円貰える

・一回くじを引くには500円を払う

 

このルールを見て皆さんはどう思いますか?

 

普通に考えればあんまりやりたくないですよね。

細かい計算をするまでもなく、明らかにこちらに不利な条件だからです。

勝率は50%なのに、払うリスクと得られるリターンが釣り合っていません。

 

数回であればこちらが運でプラスになることもありますが、何百回と積み重ねていけば必ずマイナスになります。

不利な勝負は長引けば長引くほど負ける確率が高くなるからです。

 

こういうシンプルなものだと分かりやすいのですが、パチンコとなるとこの単純な話が分かりにくくなります。

無理もありません。

 

大当たり確率が300分の1、確変突入率は60%、当たりの振り分けは1500発が60%、500発が40%、大当たり後には時短が100回転

 

単純なくじ引き要素に加えて、こんな風に分母を巨大化して、いろいろデコレーションがつくと、自分が不利な勝負をしているのか分からなくなってしまうのです。

 

ただ、どれだけ複雑になったとしてもパチンコも基本的には上記のくじびきと同じです。

 

こちらが不利な条件で勝負をさせられているのです

 

だから、ビギナーズラックなどで勝利することはあっても、適当に打ち続けている限りはよほど超人的な運がないと負けてしまうのです。

 

台の回転率を打ち手が不利なように設定しておけば、店は何もしなくていいです。

300台が店にあって各台が1000回転すれば、一日で30万回転、1年で約1億回転することになります。

これだけの試行回数を重ねれば大数の法則により確率が大きくずれることはないです。

よく言われる遠隔操作なんてしなくても安定して収益を稼げるのです。

 

 

何故勝てるのか

上記の話を裏返すと、確実に勝ちを狙うことも可能となります。

さっきと同じようにくじで例えれば以下の条件で勝負すればいいのです。

 

・2枚あるくじのうち1枚が当たり。

・当たりを引いたら600円貰える

・一回くじを引くには500円を払う

 

この場合、こちらが有利な勝負となるので数を積み重ねていけばいずれ勝つことができます。

 

仮の話ですが大当たり確率が1/100で大当たりで得られるお金が5000円の場合、1000円で25回転できるような台を探せば勝てるってことですね。

 

実際にパチンコ屋にはこういう打ち手に有利な条件で設置されている台が結構あります。

その台のみを狙い撃てばいいわけです。

ただし、当然そういう台は競争率が高いので簡単に取れるわけではありません。

そんな中で上手に立ち回って結構な額を稼いで生活している人もいます。

 

私の推測では、パチンコで生計を立てているニートは全国で数万人いると思います。

 

ネット上の知り合いで月に100万円を稼ぐ人がいますが、彼は収入の申告をしてないのでこれがまるまる手取りになります。

こんなに稼いでるくせに健康保険料は月1000円で、住民税も払っていません。

所得上は0円ってことになってますからね。

 

パチンコの場合は証拠がないので、いくら稼いでも税務署に持っていかれることはありません。

だからこそパチニートをしたがる人がいるんでしょう。

 

 

パチンカスは理解しない

要は不利な勝負をすれば負けるし、有利な勝負をすれば勝てるっていう当たり前過ぎることを言っているだけです。

でも理屈でいくら説明しても無駄な人がいます。

 

親や姉はパチンコで借金してしまうほどの大馬鹿なんですが、いくらパチンコが勝てない理屈を説明しても理解しません。

本当に救いようがない人っているんです。

 

未だに親子でパチンコに行っています。

姉なんて32歳、独身、フリーターで趣味がパチンコですからね。

典型的な底辺であり、自分と同じく積んでいます。

 

こういう人たちに支えられて今後のパチンコ産業はまだしばらく続いていくと思います。